不良姿勢とポールに乗るメリット【コアコンニュース】

未分類

2024.06.21コアコンニュース
◇━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
【メインテーマ】
不良姿勢とポールに乗るメリット
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━◇

こんばんは♪
綿貫です。

ストレッチポールから降りた時の
体が床にベタ〜っと沈み込む感じ!

誰でも1度は体感していただいたこと
あるのではないでしょうか。

ストレッチポールに
ただ乗っているだけでも
体は、様々な影響を受けています。

今回は、不良姿勢が
ポールに乗ることで
なぜ整っていくのかについて
姿勢の定義と
不良姿勢のパターンから紐解いて
お伝えします。

1.頭部と骨盤のアライメント

姿勢の理想的アライメントは横から見た時に
・耳垂
・肩峰
・大転子
・膝蓋骨後面
・外果前方

が一直線に揃っていることです。

ヘッドフォワードでは
耳垂が肩峰より前方へ位置している、
頭が前に出た状態になります。

ヘッドフォワードになる要因は、
胸椎伸展の可動性低下・コアの低下・
不良姿勢での長時間の作業があります。

骨盤の理想的なアライメントは
ASISがPSISより2横指
下がっている状態です(立位時)。

ASISがPSISと同じ高さにあると骨盤後傾、
ASISがPSISより2横指以上下がっていると
骨盤前傾となります。

骨盤は仙腸関節の位置関係により、
前傾後傾の歪みに加え左右への
回旋(捻れ)も加わります。

仙腸関節はわずか2㎜程度しか動かない
と言われていますが、
仙腸関節は体の中心部にあるため、
中心部の動きがわずかでも
末梢(足先)にいくほど
その動きの影響は大きくなります。

骨盤は仙骨が後傾している緩みの位置だと
関節の適合性が低いため歪みやすくなり、
腰痛など痛みなども生じやすいです。

2.予防・改善アプローチ

ストレッチポールに乗ることで
姿勢不良の改善が期待できます。

<ポールオンの胸郭へのメリット>
・胸椎が伸展し胸郭が挙上
・胸郭背面の可動性向上
・肩甲骨が内転・下制の位置になる
・頭部の位置が後方に移動する

<ポールオンの骨盤へのメリット>
・骨盤が後傾し腰椎の前弯が小さくなる
・寛骨に対し仙骨が後傾する
→仙腸関節が緩みの位置になる、
骨盤をリアライメントしやすくなる
・股関節の後方の筋肉の弛緩
→股関節をリアライメントしやすくなる

ストレッチポールに乗ることで
頭の位置が整いやすく、
さらに胸郭と骨盤を動かすことで、
胸椎の可動性が獲得でき
コアは安定を促すことができます。

骨盤も仙腸関節の位置が整うことで、
骨盤や股関節の可動性を
高めることができます。

上半身も下半身も整えることで、
不良姿勢が改善しやすくなります。

今回は「不良姿勢とポールに乗るメリット」
について、お伝えしました。

ポールに乗った時のメリットについては、
上半身への影響は、ソラコン
下半身への影響は、ペルコン
それぞれのセミナーにて
更に詳しくお伝えしております。

エクササイズ中心のセミナーですが、
しっかりと効果も抑えておける
お得なセミナーです!

ご興味ありましたら、
各セミナー、是非
ご参加くださいね。

それでは、
来週もお楽しみに^^

【ペルコン・ソラコンセミナーの詳細はこちらから】
https://jcca-net.com/perusoraplus/

コメント